STS NOTE

AMAOの日常話題と仕事告知。

イラストレーター・AMAOの日常、仕事告知の話題を綴ります。

近況・2021年5月

5月です。…5月?

前回の記事から3分の1年タイムスリップしてしまいました。

月並みな発言ですが、子供の月齢の低いうちは日々の経過があっという間…というよりは時間の経過に構ってられるような余裕が無かったというのが正しいです。3カ月を過ぎた頃から少しずつですが、時間的な余裕が取れるようになってきました。(それでも産前の半分程度ですが)

暖かくなってきておりますが乳児の為に未だに寝床で暖房をつけてます。

産後1~2カ月で連載漫画を1本上げるスケジュールは覚悟していたとはいえやっぱりきつかったですね。どうせ子供の授乳で睡眠不足になるのでそれはいいんですが、その上で色々な人に迷惑もお世話もかけまくりました。支えてくれる周りの人達にはひたすら頭を下げるしかありません。すみません。ありがとうございます。

おかげで買っておいたiPadProはすっかり主力武器になりました。

f:id:amao-miyuki:20210507230609j:plain

f:id:amao-miyuki:20210507230705j:plain


◆連載中です。

【騙され裏切られ処刑された私が……誰を信じられるというのでしょう?】

https://gaugau.futabanet.jp/list/work/5e706f497765616ed406000

 

実は産休を開けたつもりは無いのですが、有難い事に滞りなくお仕事を戴けている状態ですので、この記事を投稿した日をもって正式に産休明けとさせて頂きます。

但し、既に進行中の案件を複数抱え込んでいること、乳児の育児中であること、また詳細は後述しますが新型コロナウィルスの感染拡大の影響による私生活の多忙等を踏まえ、恐れ入りますが新規の案件受付は2022年以降に提出完了予定のものとさせて頂きます。

何卒ご容赦の程、宜しくお願いします。

 

で、コロナの影響ですが。

最初に断っておくと、私も家族全員も感染した訳では勿論ありません。

主人の職場で感染者が出て、主人も接触者認定されたので保健所の指導に基づき家庭内隔離+健康観察期間が数回あった、というのが大まかな内容となります。

この家庭内隔離がなかなか面倒で。当然ながらもし主人が保菌していた場合を考えてその間、家事育児は私のワンオペとなりました。一度は実家に子供を連れて疎開してサポートもして貰えましたが、さすがに二度目以降は(その頃には地元で感染者急増中だったのもあり)高齢の親達が心配なのでやめました。1度目で要領は大体掴めたものの、やっぱり大変でしたね…二度目は一度目の健康観察期間が明けて間もなくだったのと私も原稿の〆切直前でピリピリしていたので「またかよ~…」とつい愚痴ったり。アマゾンで資料本の山をヤケ買いしたり。正直、コロナ渦で離婚率が上がる理由もむべなるかなと思いましたちょっぴり。ほんのちょっぴり。尤も主人は主人で子供が目の前にいるのにお世話したり抱っこしたりできないのが堪えてました。LINEのトーク欄が子供の動画と写真で埋まる埋まる。

今やどこで誰が感染してもおかしくない状況になりましたが、いざそこに巻き込まれると感染するしないに関わらず、家族が一緒に居られない事の色々な意味での辛さを味わうのが厄介だなと思いました。そして多分、ワクチンが行き届くか感染症が終息する迄は何度か同じ目に遭うと思うのでその覚悟も必要かと。

夫婦共倒れしないよう予防は徹底しつつ、長期戦に備えていきたい所存です。

f:id:amao-miyuki:20210507230738j:plain

でも桜は見に行きました。

 

お疲れ様でした2020年・あけました2021年

タイトルに同じ。お疲れ様でした。良いお年をお迎えください。

 

 

流石に少しは文字を打ちましょう。

まずは恐縮ながら私事から。

兼ねてより妊娠について書いていましたが旧年12月9日に無事長男を出産致しました。

予定日より一週間ほど早く前期破水と誘発分娩を経て21時間のお産でした。250日以上のつわりあり腰痛ありな妊娠期間と比べたら一瞬の時間とはいえ徹夜で陣痛に耐えるのはきつかったですがこれでも初産婦では平均的な方らしい。分娩室にプレママさんが入っていったら大体1時間もしないうちに元気な産声が聞こえてきたのでまぁそこからは早かろうと思っていてもそこに入るまでが長かった。そんな焦らしプレイ(?)で出てきたところ、多分親に似てマイペースな子になることでしょう…コロナに始まりコロナに終わった2020年。こんな大変な年でもそうでなくてもですが、大切に育てていきたいと思っております。

f:id:amao-miyuki:20210101123538j:plain

なお予定日通りであれば推しゲームの1つ:ファイナルファンタジーXIII-2の発売日でした。ノエルが好きなので推しのイケメンが息子になった感覚…とまではいきませんが近い気分はありました。丁度大安だったので出生届の提出日にはしましたが。

 

次にお知らせ。

『騙され裏切られ処刑された私が……誰を信じられるというのでしょう?』

(原作:榊万桜先生 キャラクター原案:麻先みち先生)

こちらのコミカライズを担当させていただいております。

 

多分出産時期と1話の掲載日が重なるだろうなとは原稿中から思ってました。

妊娠中期頃から執筆となり色々同時進行となったのも思い出の一つです。

どうぞ宜しくお願い致します。

https://gaugau.futabanet.jp/list/work/5e706f497765616ed4060000

 

本当は大晦日に投げるつもりでしたが子供の夜泣きをあやしながらこれを打っていたので日を跨ぎ、年明けの投稿となりました。

世の情勢が大きく変わり、生活面でも新しい常識を半ば強要されていく中でご縁に恵まれ、個人的には幸多い一年だった事は大変ありがたく、お世話になった方々には感謝に堪えません。

新しい一年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

産休・育休のお知らせ

平素はお世話になっております。

 

私事で恐縮ですが、2020年11月15日より暫くの間、産休・育休を頂戴いたします。

期間中メール・メッセージ類は確認しておりますが、急ぎの対応、及び新規のお仕事の受付は原則不可となりますのでご了承ください。

なお、現在継続中の案件につきましては引き続き進めさせて頂いております。(12月中旬出産予定の為、スケジュールの調整が発生する点についてはご容赦下さいませ)

 

お仕事の受付再開につきましては2021年2月下旬~3月初旬頃を予定していますが、体調及び生活リズムを考慮しながら決めさせて頂きたく思います。

決まり次第また改めてお知らせ致します。

 

ご面倒をお掛けしますが、引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

復帰の際にはまた元気に活動できるよう、今は体調優先で努めて参ります。

 

amao-miyuki.hatenablog.com

 

去年の話

f:id:amao-miyuki:20201102221918j:plain

2019年のポッキーの日用に描いてたらくがき

去年のポッキーの日だったと覚えている。

夫の父方の祖母、つまり義祖母が鬼籍に入った。

こんな時勢なのと、義両親が今の私の体を気遣って下さった関係で一周忌は身内だけで先日ひっそり済ませた。妊婦の鼻に染みる焼香の香りにある種の生死のコントラストを感じた…ようにも思えた。

御年92歳の病気も怪我も無い大往生、であったがその最期は趣味の畑いじりの最中だったという。「だったという」という他人事のような表現なのは厳密に最期の瞬間を看取った人が側にいなかった為で、亡骸を見たのは大きな病院のER。事件性が無い事を確認するべく夜中まで警察の実況見分にも立ち会った。

よく言えば、好きな事をしている間にポックリ、という事だった。

義父曰く本当に前日、いや当日の午前中までごくごく普通にいつも通りの生活を送り、既に年越しのお節料理まで注文済だったとの事だから突然、あまりにも突然の別れにあたふたした気持ち、そういう徳を積んだ人だけが辿り着けるような最期もあるのかと妙に達観した気持ち、あの小柄な体ながら結婚式の料理は全部平らげて下さったなぁと思い出して寂しくなる気持ち。様々。

という訳で喪中だったのだが折角注文して下さったお節は年明けに食べた。大切に。

結婚前の挨拶からその日迄の1年半程、いや直接話した回数だけを数えればもっと少なかったから、家族の情と呼ぶには全然薄っぺらいままだったのは申し訳ないが仕方ない。ただその周りの人、特に義父は一時糸が切れたようにぼうっとしていたのは覚えている。義母も嫁姑のアレコレはあったようだが「仕事をリタイアした後にする事が無くなった」と寂しそうに呟いていた。

きっと、「そういう人」だったのだ。

 

そんな訳だから周りから「孫はまだか」と言われたし、諸々治療中で凹んでた自分も語弊のある表現だが「もしかして」と期待がなくはなかったし、色々経て、桜の花弁と共に腹の中へやってきて、現在9カ月目である。まぁ因果関係は特にないと思いつつ転生モノのラノベや漫画が流行る昨今なのであるかもしれない。ないかもしれない。

義父曰く、元気なお人柄だったと聞く。胎動は激しい子である。

ひとまず、無事に出てきてくれるようお礼とお祈りはしておきたく思いつつ、フリーランスに関係あるのかどうか分からないような産前休暇もどきを少しでもゆっくり迎えるべく仕事の原稿を片付けている、という事でこの話を〆る。

近況・神無月

1カ月程前

夫「誕プレ何がいい?」私「えっ」

3日程前

義母「はい、これ誕プレ!」私「えっ」

 

という訳で言われるまで素で忘れておりましたがこれを書いている明後日位にまた一つ歳を取ります。正直そろそろ祝われても素直に喜べる歳では無いのですが、家族が増えるからか今年はほんのり嬉しいです。でも誕生日プレゼントと言われても本当に欲しいものは自分で買いたいタチなので人にねだるのはいつもよりちょっとおいしいごはん位しかネタが思い浮かばず、考えた末に夫にリクエストしたのはマザーバッグでした。他人を納得させる目的が無いとおねだりって難しいよねって私は思いますがそうじゃない人も多分いる…のかもしれない…

因みに上記で述べた2名からの誕プレですが

f:id:amao-miyuki:20201010084838p:plain

まさかの…被りました…ね…

いや大丈夫ちゃんと見れば大きさも色も全然違うから!
 

 

さて、前回投げたのが7月でしたがあっという間に10月です。早いです。

思えば10月は大体毎年色々ありました。10年位前に初めて個人でイラストの仕事依頼を請けたのも10月。9年位前にひょんなことから大手ゲーム会社のビルに通う事になったのも10月。7年位前に徳島に帰ってきたのも10月。5年位前に同人イベントの主催業に関わったのも10月。3年前に今の夫とフルマラソン走るかーって意気投合したのも10月。2年前に結婚式を挙げたのも10月。1年前にTwitterファイアーエムブレムのらくがきを投げたらめちゃくちゃバズったのも10月。で今年は腹の子の胎動の激しさに悶えながら仕事の机に向かう10月。占いの類は詳しく存じ上げませんがなんかこう、誕生月のあれそれとか、あるんですかね。いや知らんけど。

実を言うと諸々の事情で帝王切開の予定も決まりかけだったんですがなんとかギリギリで回避が決まって ホっとしております。健康で居なければ。

 

子がお腹にやってきてから30週、やった仕事のジャンルも色々ありました。

普段のイラスト制作に記事ライティング、デザイン、WEBコーティング、漫画、その他ペンタブ握って描く類の作業。特に人の親になったらクリップスタジオで原稿マンションを建てる機会もいよいよ無くなるだろう、と思っていたのが普通にネームを切ってる妊娠8か月目。

f:id:amao-miyuki:20201010092940p:plain

原稿マンションとはこういう画面の事です(画像は過去の同人用原稿)

これは暗い内容且つ独身時代の話になる事を先に謝っておきますが、妊娠を公表したとある作家様に対し「子供が出来たら筆を置いておとなしく育児に専念してろ」などと昭和の頑固親父かよと言いたくなるような悪口を罵る同世代の知人も嘗て居ました。そんな事言うのは団塊の世代以降のミドル様方かなって思ってたから自分と歳のそんなに変わらないレディ様からそんな台詞が出てきたのは当時吃驚と呆気で一言も反論できませんでした…一応フォローしておくと、当人にも漫画家としてデビューしながらも売れる機会に恵まれないご家族が居てそういった現実を見るに堪えなかったが故のきつい回答だったという事ですが、時が経って色々ご縁もあって私もその罵られた作家様と似た立場となり、多分当人には気に食わない道を歩んでるんだろうなぁと考えます。しかしあの時自分も彼女の意見に同意していたら巡り巡って未来の自分の事も踏みにじっていたのかなって正直思う。人生何があるか分かりません。

ひとまず自分にできる事は、請けた仕事はちゃんと最後まで責任持ってやれるよう努める事、その為にも頼るべき時は人に頼り、産後も倒れない程度に働けるよう、また家族を養えるよう健康に気を付けて過ごしていく事、だと思っています。

 

しかし一気に寒くなりましたね…着る毛布被ってますよ既に。

近況・文月

ご無沙汰いたしております。

梅雨が続き季節は7月の半ば、漸く晴れ間も見えて参りました。

もう1年も半年過ぎたのかと思いつつ、一方で腹に子がいる今年は「(出産予定日まで)まだ半年あるのかー」という気持ちもございます。そんな事を言ったらあれこれ準備しているうちにあっという間に年末になってしまいそうですが。実際、日に日に腰回りは重くなりコロナがなくとも取れる行動は制限されつつあり、座り続けても立ち続けてもしんどい時はしんどかったり。こんなデスクワーク一筋の職に就きながら元々腰痛関係には無縁だったのですがこれが腰痛か…と多分人生初の腰痛を堪能しております。おめでたい意味で。

余談ですが直近の妊婦検診で子の性別が分かりました。本腰入れてかっこいい名前を考えねばと思っております。

 

正直に申し上げますと、前回の記事で妊娠の事を公にしたら仕事量は減るかなー来ないだろうなーと思っていた部分はありました。心身的にもつわりのピークの時期でしたので尚更。それならそれでゴロゴロして積みゲー消化するか~と呑気に構えていたところもあったりなかったり…で、安定期に入った今はと言いますと、色々な意味でそれは儚い幻想でした。

ハッキリ申し上げますと、妊娠前より仕事量をさばいております。

勿論その中には時期的にお盆進行で積まれたものもありますが、それとは関係なく頂いているものもございます。こちらの体調面やスケジュールを考慮して下さった上でご依頼を頂けるというのは本当に有難い限りです。ご迷惑をお掛けする事もあるかと思いますが(というより既にかけていると思いますが)、体の動くうちは引き続きどうぞ宜しくお願い致します。

そんな中で結婚記念日を迎えたり。来年は1名追加で無事迎えたいです。

f:id:amao-miyuki:20200718222047j:plain

 

話変わりまして、政府の定額給付金で先日iPadを買いました。

金銭的な所もあれば今使っている液タブがそろそろヘタってきたという所もあれば、純粋な興味で使いたかったという所もあり。

f:id:amao-miyuki:20200718222034j:plain

試し描きの余裕を挟む間もなく仕事に実践投入しておりますが、外に持ち出せる便利さはやっぱり素敵ですね。PCとデータのクラウド経由の遣り取りもとても便利。

Apple Pencilについては、Wacomのペンタブみたいな座標の誤差が無いのがすごい!のですが思ったほど軽くない…という感覚です。慣れれば気にならないと思いますが。

書き味はどうしても描画に特化したWacomの方が表現力は一枚上手かなという所です。Apple Pencilは細線向き。漫画家さんが愛用されているケースを多く見かけるのは多分原稿のペン入れ作業で向いている、という部分があるからかなと思います。(※あくまで個人の意見です)案外芯の減りが早くて、この辺り大昔の付けペン時代の記憶が…

しかし一昔前はグラフィックと言えばMacが独壇場だったのがWindowsでも遜色ない時代に突入して、またここでiOSに戻ってきたというのは面白い流れですね。先祖返り。私のスマホiPhoneではありませんので尚のことお久しぶり感が強いです。

 

締めは前回の記事でも書いた、聖剣伝説ToMのファンイラストで。

(これはiPadを買う前に描きました)

初回クリアのメンバーでした。

f:id:amao-miyuki:20200718222059j:plain

 

近況・皐月

私事で恐縮ですが、第一子を妊娠いたしました。

 

まだ初期なので報告するには早い段階かと思いますが今の世間の情勢面を踏まえ、己の身の安全等色々注意・留意しておきたい為にも書く事にしました。既に以前の記事で書きましたが妊活を続けておりましたので、それが実った事自体は素直に嬉しいです。

順調にいけば年末の出産予定となります。できればそれまでには感染症対策による病院での同伴者の立ち合い拒否が解除されてるとよいのですが。緊急事態宣言が解除されて緩やかに日常は元に戻りつつあるけど冬だしなぁ流行がぶり返すかもしれないし…などと不安は残ります。幸いうちの県は総合的に見て比較的安全な方だと思いますが、こればかりは流れ次第で。

周りでサポートしてくれる人達には恵まれておりますので、彼らの助けも借りつつ出産まで注意しつつ、過ごしていきたい所存です。

仕事面では元々フルテレワークな環境だったので特に差し支えなく、また有難いことに今の所途切れなく頂けている状態ですが、以上の理由で今後(特に納期まで余裕が少ない案件は)ある程度セーブさせて頂く場合もありますので関係方各位の皆様にはご面倒をお掛けする形になります。何卒ご理解を賜りますよう、宜しくお願い致します。

 

いわゆるつわりは周りが言う程きついものでもなくえずいたりもしてませんが程よく胃もたれのような気持ち悪さは時々出てる所。そしてそれ以上に眠気がひどい。夫には眠り姫と揶揄された。夜はご飯食べたら起きてられない。

食欲は全く問題ありません。寧ろ何でも食べるようになって体重増加の気配は胸と子供に行ってくれてる事を願うが余計なところが増えたら増えたで産後に頑張ろう。ああでももやしがこの世のものとは思えない程すごくまずく感じる。でもまぁそれ位。

一応、妊娠の為に野菜や豆の摂取量を多くする等の食べ物の見直しは出来る範囲でしてたんですが、それのお陰なのかイライラする回数は確かに減ったように思います。身も心も栄養大事。ああでも梅酒とラテが飲めないのは残念だな。来年まで我慢。

 

胎教は聖剣伝説3とファイアーエムブレム風花雪月になっております。いいのかそれで。FF7リメイクもまだ遊べていませんがもうちょっと後で。しかし聖剣伝説3といいFF7Rといい、子供の頃に遊んだものを親になる時でも遊べるというのは何というか、形容しがたい感慨がありました。こうやって世代を超えて作品が繋がっていくのかと。

子供に伝えたい事か…それもおいおい考えないといけないんだろうな。

やれるのか、このボンクラ人間に人の親が。いややるんだけど。

 

以上、本日はここまで。